操体専門 Since 1995

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

所長(代表)畠山裕美は、操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子、三浦寛先生の直弟子(つまり、橋本敬三先生の孫弟子)です。師匠のサポートをしながらも、自分自身(D1’:ディーワン・ダッシュ。第一分析と第二分析との中間のもの)の操体の施術も、操体の講習もやっています。操体の講習は1999年から、一般向け、専門家向けに行っています。

第二分析(きもちよさに特化した操体)、第三分析(皮膚へのアプローチ)、第四分析以上の最新の操体を受けることができます。
現在操体は、第五分析まであります。

なお、第一分析、第二分析というように、操体の分析法を分けているのは、操体法東京研究会のみであり、世の中の殆どの操体実施施設は、第一分析(楽な方に動かして瞬間急速脱力)か、あるいは言葉のみ「きもちよさ」を使った「迷走分析」が殆どです。

「操体ってきもちよさ、と言うけれど、きもちの良さがわからない」
「本を読んでやってみたけれど、よくわからない」
「介助補助のかけ方、脱力のタイミングがわからない」

そのようなお悩みに20年以上お答えしてきました。

操体の講習では、施術とセルフケアがパッケージになった「操体施術+ベーシック講習」が一番人気です。

お申込・お問い合わせ03-3675-8108

お申込フォーム