操体専門(施術と講習) Since 1995

ようこそいらっしゃいました。そして、おかえりなさい。

当方は、操体・操体法専門でやっている非常に珍しい研究所です。

「操体法もやっている」というところは沢山ありますが、「操体・操体法専門」というところは、希少です。

都内でも「操体・操体法のみ」というのは、私の師匠、三浦寛先生をはじめ、5名もいないでしょう。

更に言えば操体法の「第二分析」「第三分析(渦状波®)皮膚へのアプローチ」「第四分析(息診・息法)」「第五分析」が、受けられるところは限られています。操体の持つポテンシャルを最大限に活かす。当方は数少ない、その一つにあたります。


大抵は「操体と整体」とか「操体とカイロ」とか、接骨院で「操体法を取り入れている」ように、操体法を補助的に使っている場合がメインです。

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。
操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

私(畠山裕美)は、生涯のテーマとして操体に取り組んでいます。私がそんなに操体が好きな理由を少しご紹介しましょう。

  • ボディが歪む原因を明確にしている(つまり、どうすればボディの歪みが解消するか明確である)
  • 常にからだに優しいアプローチを考えている
  • 現代人に圧倒的に不足している「原始感覚」(快か不快かききわける力)をよみがえらせる
    • つまり、今の時代に一番必要とされる「直観力」と「免疫力」を高める
  • 「いやし」と「なおし」を同時に体感できる

お申込・お問い合わせ03-3675-8108

お申込フォーム