MENU

操体専門 Since 1995

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

所長(代表)畠山裕美は、操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子、三浦寛先生の直弟子(つまり、橋本敬三先生の孫弟子)です。師匠のサポートをしながらも、自分自身(D1’:ディーワン・ダッシュ。第一分析と第二分析との中間のもの)の操体の施術も、操体の講習もやっています。操体の講習は1999年から、一般向け、専門家向けに行っています。

第二分析(きもちよさに特化した操体)、第三分析(皮膚へのアプローチ)、第四分析以上の最新の操体を受けることができます。 現在操体は「第五分析まであります(第五分析は未だ未公開)。なお、第一分析、第二分析というように、操体の分析法を分けているのは、操体法東京研究会のみであり、世の中の殆どの操体実施施設は、第一分析(楽な方に動かして

瞬間急速脱力)か、あるいは言葉のみに「きもちよさ」を使った「迷走分析」が殆どです。
「操体ってきもちよさ、と言うけれど、きもちの良さがわからない」
「本を読んでやってみたけれど、よくわからない」
「介助補助のかけ方、脱力のタイミングがわからな

操体の講習では、施術とセルフケアがパッケージになった「操体施術+ベーシック講習」が一番人気です。

操体・操体法

About SOTAI

操体・操体法とは。
操体と操体法の違い(リンク)

昭和初期に仙台の医師、橋本敬三(1897-1993)がさまざまな民間療法を試すうち、高橋辿雄氏の正體術(整体とは異なる)にめぐり合い、創案・体系づけたものです。西洋医学、東洋医学とも異なる、いわば日本医学とでもいうべき未病医学に基づく、診断、臨床法です。

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。

ボディの歪みを正すためには色々な方法があります。

昔は

  • 楽な方に動かして、瞬間的に脱力させるものがメインでした(第一分析)

現在は

  • 「きもちのよさをききわけ、味わう」ことにより、ボディの歪みを正す(第二分析)
  • 皮膚への接触(アプローチ)により、ボディの歪みを正す(第三分析)
  • 呼吸(息診・息法)を用いてボディの歪みを正す(第四分析)

そして、最新の分析法が

  • 軸の適正化をはかる(第五分析)

この他にも、足趾の操法®など様々な引きだしがあります。

操体・操体法とは

操体、操体法とは、仙台の橋本敬三医師が(1897-1993)が昭和初期頃様々な民間療法を試しているうちに、高橋迪雄(みちお)氏の正體術矯正法に巡り会い、そこから医者としての立場か...

詳しくはこちら

操体の効用・適応症

操体は何に効くのか?

詳しくはこちら

操体・操体法の実際

自力自療:「操体って自分でできるんでしょ」という話をよく聞きます。はい、自分でできます。しかし、それにはある条件が必要です。ある条件とは「本人にしかわからない感覚...

詳しくはこちら

操体とリラクゼーションの違い

操体は医師が創案したものであるから、「診断」と「治療」が必ず存在する。操体を学びに来る方々をみていると、最初は「治療法」(やり方)を覚えればいいんだろう、 と思っているよ...

詳しくはこちら

操体と整体の違い2019

はじめに言っておきますと、操体と整体は全く異なるものです。整体と操体とか、ミックスしている場合もありますが、操体の特性を本当に理解してやっていらっしゃるのか、疑問に思うこ...

詳しくはこちら

操体の成り立ち

2016年1月加筆修正 ★無断転載を禁じます ★1.操体の成り立ち(1)2.操体の成り立ち(2)操体の成り立ち(1)  ...

詳しくはこちら

操体 施術のご案内

Sotai-Treatment

操体法 講習のご案内

Sotai praivate lesson & seminar

一般の方、治療家、臨床家の問わず、

  • 本を読んでもわからない
  • 「きもちよさ」がわからない(楽と快のちがい)
  • クライアント(患者様)が思うように動いてくれない
  • 結果に波がある

というのは、ここ数年変わらないお問い合わせです。
実際、勉強してから本を読むとわかりますし、操体を学ぶのは、伝統芸能を学ぶことに似ているような気がします。本を読んだだけではわからないのは当然です。
また「楽と快の違い」を明確に理解することが、操体を理解する上でも重要なことですが、それも体得していただきます。

会場のご案内

基本的に西葛西での講習になりますが、
人数等によっては、三軒茶屋で開催の場合もあります。

当研究所の講習

実際に使える操体をお伝えします。

詳しくはこちら

操体の講習の選び方

操体法東京研究会の定例講習は 講師は三浦寛(操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子で畠山の師匠)です。40年以上の歴史を持ち、のべ1200名以上が学んだ、操体臨床家への登竜門...

詳しくはこちら

施術+ベーシック講習

操体の施術+ベーシック講習 操体の基礎、セルフメンテナンス 月曜、水曜、土曜、祭日に開催致します。(ご都合が合わない場合は、調整可能の場合もありますので、ご相談下さい)...

詳しくはこちら

足趾の操法®集中講座

「きもちのよさで良くなる」ということを実感できる操法です。

詳しくはこちら

操体の講習を受けて(2019年)

操体法東京研究会の定例講習に参加して(2019年版)講習を受けて K.F 理学療法士 定例講習 講習を受けて K.I 主婦 定例講習、足趾の操法、視診触...

詳しくはこちら

目的に応じた操体とのお付き合い

操体を受けてみたい?自分でやってみたい?

詳しくはこちら

操体ミドル講習・個人レッスン

ミドル講習は諸般の事情により現在募集を中止しております。ミドル講習に変わるレッスンは「視診触診講座」として、操体法東京研究会受講生、一般社団法人日本操体指導者協会会員が受講可能で...

詳しくはこちら

FAQ よくある質問

Frequently Asked Question

コラム

新着情報

RSS 操体法大辞典

お申込・お問い合わせ03-3675-8108

お申込フォーム