操体専門(施術と講習) Since 1995

ようこそいらっしゃいました。そして、おかえりなさい。

当方は、操体・操体法専門でやっている非常に珍しい研究所です。

「操体法もやっている」というところは沢山ありますが、「操体・操体法専門」というところは、希少です。

都内でも「操体・操体法のみ」というのは、私の師匠、三浦寛先生をはじめ、5名もいないでしょう。

更に言えば操体法の「第二分析」「第三分析(渦状波®)皮膚へのアプローチ」「第四分析(息診・息法)」「第五分析」が、受けられるところは限られています。操体の持つポテンシャルを最大限に活かす。当方は数少ない、その一つにあたります。


大抵は「操体と整体」とか「操体とカイロ」とか、接骨院で「操体法を取り入れている」ように、操体法を補助的に使っている場合がメインです。

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。
操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

私(畠山裕美)は、生涯のテーマとして操体に取り組んでいます。私がそんなに操体が好きな理由を少しご紹介しましょう。

  • ボディが歪む原因を明確にしている(つまり、どうすればボディの歪みが解消するか明確である)
  • 常にからだに優しいアプローチを考えている
  • 現代人に圧倒的に不足している「原始感覚」(快か不快かききわける力)をよみがえらせる
    • つまり、今の時代に一番必要とされる「直観力」と「免疫力」を高める
  • 「いやし」と「なおし」を同時に体感できる

操体・操体法

About SOTAI

2020年3月

スポーツトレーナーの方や、体操指導者の方、つまり操体の「操体法的、運動的側面」しか見ていない方「操体は筋肉をつける」とか「PNFのようなもの」「健康体操」などと紹介していることがありますが、それには語弊があります。
勿論そのような側面がないとは言いませんが、それは、ほんの一部に過ぎません。

操体・操体法とは。

操体 施術のご案内

Sotai-Treatment

操体法 講習のご案内

Sotai praivate lesson & seminar

一般の方、治療家、臨床家の問わず、

  • 本を読んでもわからない
  • 「きもちよさ」がわからない(楽と快のちがい)
  • クライアント(患者様)が思うように動いてくれない
  • 結果に波がある

というのは、ここ数年変わらないお問い合わせです。
実際、勉強してから本を読むとわかりますし、操体を学ぶのは、伝統芸能を学ぶことに似ているような気がします。本を読んだだけではわからないのは当然です。
また「楽と快の違い」を明確に理解することが、操体を理解する上でも重要なことですが、それも体得していただきます。

会場のご案内

基本的に西葛西での講習になりますが、
人数等によっては、三軒茶屋で開催の場合もあります。

操体法オンライン(Web)&相談

この度、オンライン(Web会議システム)を使った個人レッスン及び、操体・操体法関係の相談会を開催することに致しました。勿論「オンラインでできること・できないこと」をしっかり考えて進めて行きます。

続きを読む

当研究所の操体講習

実際に使える操体をお伝えします。

続きを読む

操体ベーシック講習オンライン

操体ベーシック講習(セルフケアがメイン)をオンラインで開催致します。

続きを読む

操体の講習の選び方

操体のプロフェッショナルを目指すには操体法東京研究会の定例講習は 講師は三浦寛(操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子で畠山の師匠)です。40年以上の歴史を持ち、のべ1200...

続きを読む

施術+ベーシック講習(日曜開催追加)

操体の施術+ベーシック講習 操体の基礎、セルフメンテナンス 期間限定ではありますが、当面2020年7月より、第四日曜の午前、三軒茶屋にて開催致します。また、第四日曜午前は...

続きを読む

足趾の操法®集中講座

「きもちのよさで良くなる」ということを実感できる操法です。

続きを読む

操体の講習を受けて(2019年)

操体法東京研究会の定例講習に参加して(2019年版)講習を受けて K.F 理学療法士 定例講習 講習を受けて K.I 主婦 定例講習、足趾の操法、視診触...

続きを読む

操体ミドル講習・個人レッスン

ミドル講習は諸般の事情により現在募集を中止しております。ミドル講習に変わるレッスンは「視診触診講座」として、操体法東京研究会受講生、一般社団法人日本操体指導者協会会員が受講可能で...

続きを読む

FAQ よくある質問

Frequently Asked Question

コラム

操体における楽と快の違い(追記)

「楽と快の違いを伝えるのは、臨床家の役目です」

続きを読む

操体における自力自療とは

自力自療とは、一体どういうことでしょう。

続きを読む

病気になる順番と治る順番

操体では、病気になる順番と治る順番を、西洋医学とは全く逆に考えています。

続きを読む

何故、ボディが歪むのか 操体の考え方

ボディが歪む原因が分かれば、その防止法や改善策がわかります。

続きを読む

操体とリラクゼーションの違い

操体は医師が創案したものであるから、「診断」と「治療」が必ず存在する。操体を学びに来る方々をみていると、最初は「治療法」(やり方)を覚えればいいんだろう、 と思っているよ...

続きを読む

目的に応じた操体とのお付き合い

操体を受けてみたい?自分でやってみたい?

続きを読む

からだが 変わる

操体で、変わる からだが、変わる何気なく過ごしている毎日。そんな中、ちょっとしたコツで、日々が変わることをご存じですか?また、現代の人間はアタマを使いすぎて感覚が鈍く...

続きを読む

操体と美容健康効果。

操体を体験すると、イイコトがあります。症状、疾患が解消するのは勿論ですが、操体はそれだけではありません。「こころの平静」「美容健康効果」などもその一つです。何より...

続きを読む

人体構造運動力学研究所

IMG_8581_originalIMG_8581_original

畠山裕美の操体の師匠、三浦寛先生のサイト。操体法東京研究会はこちらへ

続きを読む

東京操体フォーラム

0012_original0012_original

東京操体フォーラム

続きを読む

(社)日本操体指導者協会

0034_xlarge0034_xlarge

続きを読む

RSS 操体法大辞典

お申込・お問い合わせ03-3675-8108

お申込フォーム
PAGE TOP
MENU