2016年1月追記

私の個人レッスンや、操体法東京研究会にて
「楽と快(きもちよさ)の違いがわかりません」という方がいらっしゃいます。

その時のことをブログに書いてみました。
楽と快の違いを伝えるのは、操体臨床家の役目です
(操体法大辞典より)

楽と快は違うというのは不変の事実だが、

もっとわかりやすく、

「操体では」

「楽な動きにに問いかける動診と操法と」

「快に問いかける動診を操法は」

「違います」「区別をつけています」

アナタが、楽と快の違いが分からなくても
操体指導者がちゃんと知っている。

それができるのが
操体指導者なのだ。

それをアナタに伝えるスキルを
学んでいるのが、操体のプロなのだ。

楽と快は違う、創始者橋本敬三先生はそうおっしゃった

操体の成り立ち

楽と快の違い
快は探すものではなく、出会うものである

 

私の「レーベンス・テーマ」(ライフワーク)は「楽と快の違い」をあきらかにすることです。
実際、体験していただくと皆さん「全く違う!」と驚かれます。

「どちらがきもちいいですか」という誘導は、楽と快の違いを混同している

詳しく言うと、現在は「楽な動きか辛い動きか」と、二つの動きを比較対照する動診(第一分析)と、
一つひとつの動きにきもちよさをききわける、第二分析があります。
楽な動き(動き)と、きもちよさ(感覚)は、動診のやり方が違います。

私のところにいらっしゃる方の中で、一番多い悩みが

「どちらがきもちいいですか?」と聞かれても分かりませんでした、ということです

例えば、ぎっくり腰ではいつくばって来所したとします。
そこで「どちらがきもちいいですか」と聞かれたら、答えられないはずです。痛いから。

もうひとつ。
「どちらがきもちいいですか」という問いかけをしている指導者(講習をやっている方)は、実際に人様のからだを診ていないのではないかと思います。

さらにもうひとつ
「どちらがきもちいいですか」と聞かれ、「わからないから適当に答えて、行くのをやめた」というケースも聞いています。

「どちらがきもちいいですか」「きもちよさを探して」という指導は、
橋本敬三先生はされていませんでしたし、操体のセオリー(楽と快は違う、診断と治療の区別をつけること)に反しているのです。

「どちらがきもちいいですか」
「きもちよさを探して」

あるいは、最初から、診断(動診)をせずに「きもちよく動いて」というのは、診断をすっ飛ばしていることになりますから、操体の臨床になり得ません。

言われたほうも、からだをごにょごにょ動かしてみることになります。
そうなると「きもちよさを探して動け」ということになります。

★きもちよさを探して動いても、「きもちよさ」はききわけられません。見つかるのは「痛くない」ところです。何故なら、どこか辛いから、操体を受けに来ているのですから。

診断分析で、きもちよさの有無を「ゆっくり動いて」
確認してから「きもちよく動いて」となるわけです。


楽と快の違い、を理解する前に「楽」と「楽しい」は違うということを認識する必要があります。
はづき虹映氏がメルマガでなるほど!ということを書いていらっしゃいました
(すぴナビ通信2011年10月11日、12日分より引用抜粋させていただきました。

「楽」と「楽しい」が違うように、「楽」と「快」も違うのです。

楽 ≠ 楽しい(楽と楽しいは違う)

「極楽」とは、あの世のことではありません。楽しさを極めると、ただ今、そこが「極楽」になります。
「極楽」とは、読んで字のごとく、「楽しさを極める」ことです。
トコトンまで楽しさを追求すると、その時その場所が「極楽」になります。
 決して、あの世に行くことや、酒池肉林の快楽の世界に溺れることが、
「極楽」なのではありません。
「楽」と「楽しい」は、似て非なるものです。
「楽」をすることを「楽しい」と勘違いしてしまうと、
どんどん「楽」な方に流されていくのが、自分でもわかるハズです。
 一方、「楽しい」ことを選び続けていると、
時には辛いことも苦しいことはあるかもしれませんが、
自らの意志で流れに乗っていることがわかるようになるハズです。
 勝手に「流されている」のか、
それとも自ら積極的に「流れに乗っている」のかが、
「楽」と「楽しい」の違いです。
自らを監獄に閉じ込めてしまうことを「地獄」と呼びます。
「楽」な方に流されていく先のことを、人は「地獄」と呼び、
「楽しい」方向の流れに乗っていく先のことを、
人は「極楽」と呼ぶのでしょう。

快は探すものではなく、出会うものである

「楽」と「快」の違い
「楽(なところ)」は探すと見つかる。「きもちよさ」は探しても見つからない。
「楽」は比較対照できる(相対的)だが、「快」は絶対的である。つまり比較するものではない。
「楽」は結果であり、「快」はプロセスである

操体の講習 なぜきもちよさを探す、のではないのか(ブログ 操体法大辞典より)